御室ムスメとは

文政10年(1827)に作成された成就山の地図の写し

御室ムスメとは、京都 世界遺産 真言宗御室派 総本山仁和寺の裏手の成就山、
OMURO88にあるお堂のキャラクターコンテンツです。

OMURO88は世界遺産 京都 真言宗御室派 総本山仁和寺の裏にある成就山
全体と88個のお堂の事を言います。
そのお堂は四国八十八ヶ所霊場(お遍路)の全てのお堂からお砂を頂き、
全てのお堂1か所づつにお砂と御本尊を納めました。
約2時間の道のりを結願(けちがん)成就すれば
四国八十八ヶ所霊場巡礼と同じご利益を得ることができます。

そんなOMURO88の御堂は、
出来たのが文政10年(1827)で長年の経年劣化や台風の被害でお堂や参道、
そもそも成就山じたいがボロボロになり、
OMURO88を整備する七ヶ年計画が立ち上がり、
その計画の一つとして御室ムスメは誕生いたしました。

御室ムスメの売り上げの一部をOMURO88の整備費用にあて、
綺麗で皆様に愛される美しいOMURO88になるために頑張ります。